不動産査定は匿名でもできる

不動産を売却するときは、事前に査定をして売却価格の目安を知っておきたいですよね。
すぐに不動産会社に連絡するのがためらわれ、匿名査定サイトを利用しようと考える方もいるでしょう。

この記事では、匿名査定サイトの仕組みとリスク、不動産売却のポイントを解説します。
不動産の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の匿名査定サイトの仕組み

不動産の売却を考え始めたとき、一番気になるのは「一体いくらで売れるのか」ということです。

そもそも売却するかどうかを、売却額を参考にして決めたいという場合もあります。
しかし、不動産会社にいきなり連絡するのは気が引けてしまうという方も多いですよね。

不動産会社といっても数が多いため、いざ連絡しようとするとどこを選べばいいのか迷ってしまいます。
また、電話やメールでしつこく営業されたくないという方もいるでしょう。

不動産査定を匿名でお願いするのはどんな人?

そんなとき、インターネットで検索するとすぐに表示されるのが不動産の匿名査定サイトです。
不動産の匿名査定サイトは、不動産の査定をしたいけれど個人情報は明かしたくない方向けのサイトです。

不動産の情報を入力すると、AIが自動で査定額を計算し、教えてくれます。

匿名での査定価格はおおまかなもの

AIが査定額を計算する仕組みは、国土交通省が毎年発表する公示価格や、周辺の取引履歴に基づいています。

あくまで参考情報から照らし合わせた売却価格の目安なので、注意しましょう。

匿名査定サイトで計算した結果が必ずしも正しいとは限りません。

匿名査定サイトのメリットは、なんといってもその手軽さです。

一方で、実際にプロが内覧をするわけではないので、どうしてもメンテナンス状況などは確認することができません。

そのため、実際の売却価格とは差が開いてしまうリスクがあります。

不動産売却のポイントは「価格の決め方」

不動産の売却において、価格の決め方は重要なポイントです。

相場より高すぎても買い手がつかず、安すぎると損をしてしまいます。

賃貸であれば時期や入居状況に応じて賃料を見直すこともありますが、不動産売却においてはそう簡単に価格を変えることもできません。

だからこそ、売却価格の決定は非常に重要なフェーズなのです。

インターネットを使って匿名で査定をするのは、一つの目安を知ることにはなります。

しかし、匿名査定サイトで査定された金額で実査に買い手がつくと決まったわけではありません。

売却価格は非常に重要な要素だからこそ、できれば最初から信頼できる不動産会社を探し、プロの目で査定してもらうことをおすすめします。

不動産売却のプロであれば、周辺の取引相場だけでなく、築年数や周辺環境、メンテナンス状況などさまざまな情報から、最も現実的な査定額を導いてくれます。

不動産会社を見極め納得のいく売却を

不動産売却を考え始めた最初の段階で匿名査定サイトを利用するのは悪いことではありません。

不動産会社と話すときにも、売却価格の目安を自分でも把握している方が話しやすくなります。

ただし、匿名査定サイトで査定をしたあとは、不動産会社選びを始めましょう。

こんな不動産会社には注意!

信頼できる不動産会社を選ぶうえで、大切なポイントがいくつかあります。

まず、安易に低い金額で売りに出そうとする不動産会社は危険です。

買い手を見つける自信がないため、オーナーの利益を追求する姿勢がないのです。

広告写真やキャッチコピーを工夫したり、売却価格を高くしようとする姿勢のある不動産会社を選びましょう。

また、不動産売却はタイミングも重要なので、レスポンスが速く報告・連絡・相談をきちんとしてくれる不動産会社を選ぶと安心です。

まとめ

不動産売却を考えている方向けに、匿名査定サイトを利用するメリット・デメリットと不動産売却における価格の決め方、不動産会社の選び方を解説しました。

不動産売却を考えている方の参考になれば幸いです。

匿名査定サイトを利用して価格の目安を知ったうえで、信頼できる不動産会社を見つけ、納得のいく売却を実現しましょう。