不動産査定を簡単にするにはどうすればよいか?

不動産を売却しようと思ったら、具体的に話を進める前に一度査定をしたいと思う人は多いでしょう。

簡単に不動産の査定をしたいと思うものの、どんな査定方法があるのか、情報は信頼できるのか気になりますよね。

 

この記事では、不動産の売却に向けて査定をしたいと考えている方向けに、査定の選択肢やメリット・デメリットをご紹介します。

 

自分で不動産価格を調べるときはこちらの記事も参考になります。

 

【図解】自分でマンションの価格相場を調べたいときの調べ方

[getpost id=”650″ title=”参考になる記事” ]

スポンサーリンク

売却の一括査定のメリットと注意点

不動産の売却を考えたとき、インターネットで検索するとすぐに一括査定サイトが出てきます。

一括査定サイトのメリットは、フォームに情報を入力するだけで、複数の不動産業者が査定をしてくれることです。

 

付き合いがあるからと、深く考えずに地元の不動産会社一社にしぼっていたのでは、なかなかいい買い手はつきません。

買い手がついたとしても、今度は価格交渉をされ、自分が望む価格で売却できないことは多々あります。

しかし、一括査定サイトで複数の不動産会社の査定結果を比較すれば、自分が望む不動産売却が叶いやすくなるでしょう。

不動産査定サイトを利用するデメリット

一方で、一括査定サイトにはデメリットもあるので、注意が必要です。

まず、一括査定サイトの仕組みとして、最初に不動産情報をフォームに入力し、査定をすることになります。

フォームの内容は多岐に渡るため、入力が面倒だという場合は一括査定サイトはおすすめできません。

また、一括査定サイトを利用したとしても、結局は不動産会社とのやり取りが必要です。

 

一括査定サイトの中には、契約をとるためにわざと高い金額で査定を出してくる悪質な不動産会社もあります。

査定結果をもとに、悪質な不動産会社を避けながら、信頼できる不動産会社を探すのは容易ではありません。

自動で査定してくれるwebサービスもある

一括査定サイトの他に、自動で不動産の査定をしてくれるwebサービスもあります。

AIが国土交通省が発表する公示価格や周辺の取引相場をもとに、入力した物件の査定額を自動ではじき出してくれます。

[getpost id=”1062″ title=”匿名で査定する方法” ]

すぐに査定額を知ることができる、個人情報を入力することなく査定額だけを知ることができるなど、AIによる自動査定にはさまざまなメリットがあります。

ただし、個人情報でなくとも査定にヤフーIDが必要だったり、対象エリアが限られていたりといったこともあるため、査定する前によく確認しましょう。

不動産の自動査定のデメリット

不動産売却を考えている方にとって安心感のあるAIによる自動査定サービスですが、デメリットもあります。

AIによる自動査定の精度は、まだ十分とはいえません。

査定額の計算のプロセスも曖昧で、実際にプロに見てもらった場合とでは査定額に大きな開きが出てしまうことも多々あります。

AIによる自動査定サービスは確かに手軽に利用できますが、参考程度にとどめておいた方がいいでしょう。

本格的に不動産の売却を検討している方には、あまりおすすめできません。

信頼できる不動産会社に相談するのが近道

一括査定サイトもAIによる自動査定サービスも、自宅で簡単に査定できるという手軽さがメリットです。

しかし、本気で不動産の売却を検討しているなら、一括査定サイトやAIによる自動査定サービスはおすすめできません。

不特定多数の不動産会社に情報がもれてしまったり、査定の精度が低かったりするのでは、そもそも査定する意味がないといえるでしょう。

結局は、信頼できる不動産会社を選んで直接相談するのが、一番の近道です。

 

不動産会社を選んでプロの目で査定してもらえば、物件のメンテナンス状況や最近の取引事例なども加味して査定してくれます。

現実的な査定額を把握することができて初めて、不動産の売却に向けて具体的に動き出すことができるでしょう。

 

まとめ

不動産の売却を考えている方向けに、不動産一括査定サイトやAIによる自動査定サービスのメリット・デメリットを解説しました。

不動産の売却を考えている方の参考になれば幸いです。

納得のいく形で不動産を売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いは不可欠です。

自分に合った不動産会社や担当者を探しましょう。

[getpost id=”646″ title=”不動産業者の選び方” ]