不動産売却の情報サイト

LINEで今すぐ売却相談!

不動産の譲渡税

カテゴリ一 記事一覧

不動産を買い替えるときに適用すべきおすすめの特例を解説

不動産を売却して利益が出ても税金の負担が多ければ手元にお金は残りません。そんな時に必要な税金対策。
特に不動産を買い換えるときはおススメしたい税金の特例があります。
今回は税金を抑えてお得に売却するノウハウを解説していきます。

3,000万円控除でお得に売却!不動産を売るときの優遇措置の話

不動産売却の時は3,000万円控除を上手に使い、資金を残すようにしましょう。
不動産の売却時に使える「3,000万円控除」という言葉を聞かれたことはありますか?
実は「3,000万円控除」は二種類あるのです。
また、その他にも不動産売却においてはいくつかの優遇措置があります。
それらを知って上手に活用しましょう。

不動産を売ったときの「売却益」と「譲渡所得」。税金計算の方法も

不動産の売却時に発生する利益の計算、そしてその利益=譲渡所得に対してどのように税金がかかるのを解説します。所有期間によって税率が違い、特にマイホームであれば相当程度の節税が可能です。今後不動産を売却することを検討している方は、ぜひ上記の各種条件を精査した上で、いくら税金がかかるのかを前もって計算しておくことが望ましいと思います。