不動産一括査定サイトを利用するだけでは不十分

「どうせ不動産を売るなら高く売りたい」これは不動産を売却する人がみんな持っている願いです。
ただ難しいことに、不動産業者に一任することなるため、自分自身でコントロールできる範囲は非常に狭いです。

逆に言うと、不動産業者を正しく選びさえすれば、高く売却することが可能なのです。
しかし、どのようなポイントで選ぶべきなのかは、どのwebサイトを見ても信頼できる答えは書いてありません。

理由は簡単で、webサイトを運営しているのが不動産業者ではないので、不動産の知識がないためです。

ここでは、不動産のプロだからこそ知っているマンションや戸建てを高く売る方法について、不動産業者の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

不動産を売却したいけどこんな悩みはありませんか?

こんな悩みはありませんか?マンションや戸建てなど不動産を売却しようとするとき、こんなことは感じませんか?

不動産売却時の悩み
  • できるだけ高く売りたい
  • どうしたら高く売れるか分からない
  • 良い不動産業者の選び方が分からない
  • 何社も話を聞いて情報を集めるのが面倒
  • 変な会社にお願いして失敗したくない
  • 不動産会社にあまりいいイメージがない

不動産の売買は関わる機会が少ないので、業者に任せると言っても、ある程度は本人も情報収集が必要です。
更には、不動産の売却は非常に煩雑なので、売却するのも一苦労なのです。

不動産を高く売却するための7つのポイント

不動産売却のコツ 不動産売却のトリセツ不動産の売却を成功させるための7つのポイントを紹介します。
これを実践すれば、不動産を高く売却できる可能性がぐんと上がります。

1.マンションや戸建てが一番高く売れる販売経路を考える

あなたの家はどんな人が一番高く買ってくれるのかを理解しておく必要があります。
家族で暮らすためにファミリー層が購入するのか、不動産業者がリノベーションして再販するために買うのか、パターンは何十通りもあります。

その何十通りもある販売経路の候補から、あなたの不動産に最も価値を感じてくれる人に向けて売却活動をすることが必要なのです。

2.不動産の査定価格の根拠を理解すること

不動産は全く同じ物件はありませんが、例えば同じマンション内で売買されていたり、近くの一戸建てが売却されていたりと、類似した条件の物件のデータは存在しています。
類似した物件の成約事例を見て「本当にこの価格で売りに出して売れるのか?」を問い、適切な価格帯で売りに出す必要があります。

3.広告活動を効果的に行う

不動産の良さを買手に伝えるためには、写真やキャッチコピーにしっかりと特徴を反映させなければいけません。
また、利用する媒体も適切かどうか、チェックが必要です。
効果的にプロモーションをすることで多くの人にマンションや戸建ての魅力が伝わり、高く売却できます。

4.仮説と検証を繰り返す

すぐに売れなくても大丈夫です。
大事なのは、売れていない原因を正しく分析して改善することです。

価格を下げるというのは一番思いつきやすい簡単な改善ですが、不動産会社の営業担当者は本当の原因を理解できていなければ、どうしても価格を下げる提案になってしまいます。

5.ホームステージングによって物件の魅力を上げる

ホームステージングをご存知でしょうか?

ステージングを行えば、物件の印象が大きく変わります
印象が良くなれば、もちろん高く売却することに繋がります。

6.スピーディに対応すること

例えば掲載物件の写真の変更や条件の変更などはすばやく行う必要があります。
そうしなければ機会損失になるからです。

担当者がフットワーク軽く動いてくれる人かどうか、注意深く確認しましょう。

7.売買の実績

実績はあるに越したことはありません。
なぜならば、全く専門でない業者よりもその分野においては長けているからです。
不動産と一口に言っても分野は様々です。

例えば、賃貸を専門にやっている会社は賃貸専門なので、不動産の売却には向きません。
その会社が専門領域なのかどうかはしっかりと見ておきましょう。

まとめ

不動産を高く売却するには、ただ高く売りに出すだけではダメなのです。
情報を収集したり地域の分析をしたりと大変ですが、そうした地道な分析と検証によって、数百万~数千万の金額が変わることもあります。

高く売却できるように上記のことを実践しましょう。

代々木不動産なら全部お任せできる

代々木不動産では、上述のことを不動産売却の際には必ず行っています。
定期的な売却活動の報告も行っていますので、お客様からもご安心の声を頂いております。
まずは、お気軽に無料の査定からお試しください。